スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

从 ゚∀从達 は闘争の中でこそ輝くようです 第八話

――人数で比べれば一割にも満たない、たった五人の紳士。
いくら強くても、人である事は変わらない。
だから圧倒的兵力差には、喩え獅子であろうとも子猫同然。

数の暴力とはそういうものだと思っていた。そう信じてやまなかった。
今までの人生で、圧倒的な差から逆転した人なんて、漫画やテレビの中以外にはいなかったから。

だから、私はずっと、勝者の側にいられるように振舞ってきた。
ありとあらゆる所で、多数派であろう側を選んできた。自分の意見を押し殺してでも。
それが正しい事だと、敗者にならない秘訣だと思っていたから。

きっと私は、ありえない事。と、それの可能性から除外していたのだろう。
歴史上で何度も世に現れた“怪物”や“英雄”と称される存在を。

それをに気づいた時、全てはもう手遅れで――


最終章乃四『――――ここまでミセ*゚パ)リがお送りしました――――』


続きを読む

スポンサーサイト

从 ゚∀从達 は闘争の中でこそ輝くようです 第七話

 二人の中年が、弄ばれ、散った。
一組の男女が、堪えきれず、呆然我失のまま、放尿した。

 一人の男は、友を導き、吐瀉物を喰らい、堕ちた。
男に背負われた女は、落下に巻き込まれ運命を共にした。
一人の男が、乳に、仕留められた。

 空を求めた女は翼を失い、夢現定かならぬまま、大地へと導かれた。
尻は下らぬ意地を突き通し、笑顔のまま、天を手放した。

そして、互いの手の温もりを知る者達は、互いの温度を受け入れた。


  最終闘争乃三『紳士の名の下に』


続きを読む

从 ゚∀从 達は闘争の中でこそ輝くようです 第六話 後編

続きを読む

从 ゚∀从達 は闘争の中でこそ輝くようです  第六話 前編

――花も恥らう年頃の乙女、ハインリッヒ高岡。
身長0.97hyde。体重はご想像のままに。スリーサイズはつる・ぺっ・たん。

そんなつる・ぺっ・たんは、強く在ろうとした。
強く在りたいと願った。

其の根底に在るのは――幼き頃に見た、北斗ナッコウ(再放送)。
ブラウン管の向こう側にある弱肉強食の世界は、幼きハインリッヒの心に大きな衝撃を残した。

从;゚∀从 「よ、弱いとモヒカンにヒャッハーやられちゃうんだ……強く、なろっと……」

故に、強く在ろうとした。
強く在らんと心に誓った。

弱肉強食の社会を生き抜く為に。


最終闘争 中 『譲れない想い―I Get Your Heart―』



続きを読む

从 ゚∀从達 は闘争の中でこそ輝くようです  第五話

―― 一つのベッドに、菊花で満たされた花瓶の置かれた一つの棚。
そして、二脚の椅子に――沈痛な面持ちの三人の女性。
其処は、真っ白な病室だった。

幾らか開けられた窓より、一陣の風が吹き込んだ。
風は、カーテンと彼女らの髪をなびかせる。

誰も、その乱れた髪を直そうとはしなかった。
三者揃って、口に入った髪の束を除こうとはせず、ただ数度、粘ついた音を立てて咀嚼した。

そして、誰かが「うめぇっうぇ」と呟いた。
つられるように、誰かが「この中にVIPPERがおる。お前やろ?」と呟いた。
返答は、無かった。

続きを読む

プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。