スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)行列の出来る学校のようです


第一話『行列の出来る校門』

( ^ω^)「……おっぷ」

こんにちは。

ボクは内藤ホライゾン。

友人達からはブーンって呼ばれてる高校二年生ですお。


( ^ω^)「……どうしたもんかお」

(´・ω・`) 「ブーン、ほら早くしろって」

ボクの通ってる学校は、よく行列が出来る学校として近隣で有名なんですお。

もちろん外部の人が行列を作る訳じゃなくて、生徒が行列を作ってるんですお。

時々何も知らない他所の人が並んでしまったりするけど、誰も気にしないんですお。

( ^ω^)「……ショボン、焦っても何も解決しないお」

(;´・ω・`) 「何言ってるんだよブーン!押すからね!痛いって言っても聞かないからね!」

行列が出来る大体の理由は、建築業者の設計ミスだったりするんですお。

それでも改修されない辺り、大人は汚いってのがよく分かりますお。

(;´・ω・`) 「せーの!」

( ^ω^)「ショボンやめて口からバブルスライム出ちゃうお」

(;´・ω・`) 「なら痩せようって努力してくれよ!毎日校門に挟まってるじゃないか!」

( ^ω^)「これでも努力してるお。間食のポテチの粉を食べないようにしてるんだお」

(;´・ω・`)「……えー」

くぃーんくぉーんくゎーんくぉーん

( ^ω^)「お?」

(;´・ω・`) 「チャイム鳴り始めてるし!誰か!誰か手伝ってください!」

第一話『副題:本日の遅刻者227名』



第二話『行列の出来る廊下』


( ^ω^)「あー」

(´・ω・`) 「あぁー」

( ^ω^)´・ω・) ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

( ^ω^)「……ショボン、今日って何かあったかお?」

(´・ω・`) 「……全校集会だね」

( ^ω^)「つーことは、更衣室まで続いてんのかお」

(´・ω・`) 「だねぇ」

( ^ω^)「あー、まじめんどいお」

(´・ω・`) 「仕方ないよ。体育館から放射線反応出ちゃってるし」

( ^ω^)「……この学校建てた業者まじ腐ってるお」

(´・ω・`) 「けど、今更他の学校に転入するのめんどいよね」

( ^ω^)「……お」

第二話『副題:世界一防護服のある学校』



第三話『行列の出来る昼時』


( ^ω^)「全校集会終わった時点で昼飯時とか、この学校絶対間違ってるお」

(´・ω・`) 「別にいいんじゃない?どうせ家か塾で勉強する訳だし」

( ^ω^)「えっ?」

(´・ω・`) 「えっ?」

( ^ω^)「それはさておき、飯食うお」

(´・ω・`) 「別にいいけどさ……今日はどこで食べる?」

( ^ω^)「このまま教室でよくないかお」

(´・ω・`) 「そうだね。出ても行列に巻き込まれる可能性が高いし、それに……」

( ^ω^)「食堂は、ねぇ……」

(´・ω・`) 「碌な噂聞かないしねぇ……」

( ^ω^)←実は行った事無い

(´・ω・`) ←勿論行った事は無い

~食堂~

('A`)y-~~~「……飯時だってのに誰もこねえなあ」

( ・∀・) 「……誰もこないですねぇ」

('A`)y-~~~「つーかさ、やっぱ俺らが裸エプロンするのは無いんじゃあないかなあ」

( ・∀・) 「いやいや、年上のお兄さんが裸エプロンとか女の子ガンガン来る筈ですよ」

('A`)y-~~~「そうだよなあ……食堂でお姉さんが裸エプロンしてたら、俺なら絶対通うし」

( ・∀・) 「でしょー?」

('A`)y-~~~←男子校だと知らない

(*・∀・) ←男子校だと知ってるホモ

第三話『副題:この学校における唯一の例外』



第四話『行列の出来る踊り場』

( 'ω`)「あぁ……移動教室やだおー」

(´・ω・`) 「今日は四階だしねぇ。上り下りがもうチョイ楽だったらねぇ」

( 'ω`)「……この学校、設計した奴絶対頭おかしいお」

(´・ω・`) 「あー、その設計者って前衛的建築の第一人者らしいよ」

( 'ω`)「そんな奴を学校の設計に使うとか、マジキチだお……」

(´・ω・`) 「だねぇ……あれ?」

( 'ω`)「お?」

( 'ω`)´・ω・)  (,,゚Д゚)ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

(´・ω・`) 「珍しいね、踊り場に行列出来るなんて」

(,,゚Д゚) 「……ん、お前ら来たばっかか」

( 'ω`)「お。何かあったのかお?」

(,,゚Д゚) 「縄ばしごが切れ……何か違うな。まあ、上見りゃ分かる」

(;´・ω・`) 「上……えー」

(; 'ω`)「……空が見えてるおー」

(,,゚Д゚) 「見ての通り、天井ごと持ってかれてんのよ」

( 'ω`)「この状況でも並ぶとか、習慣って恐ろしいお……」

(,,゚Д゚) 「まぁ、直ったら並び順でのぼる訳だしなあ」

(;´・ω・`) 「……どうあがいても授業には間に合わないよねぇ」

第四話『副題:この学校に階段と云う物は存在しない』



第五話『行列の出来る保健室』

( ^ω^)「いやあじゅぎょーうけれなくてざんねんだおーほんっとざんねんだおー」

(´・ω・`) 「ああざんねんだねぇ。まったくもってざんねんだねぇ」

( ^ω^)「……」

(´・ω・`) 「……」

(;^ω^)ニコッ

(´^ω^`)ニコッ

( ^ω^)「…………おっとー、あんなところにぎょうれつがあるおー」
                                        ニレツニナランデクダサーイ>Ω
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

(´・ω・`) 「逃げた……ああ、保健室ね」

( ^ω^)「…………保健室ってあんなに並ぶものだったかお?」

(´・ω・`) 「極一部の例外を除けば、そう並ばないと思うけどねぇ」

( ^ω^)「保健の横堀先生ってそんなカリスマ性とかあったかお?」

(´・ω・`) 「……ないねえ。ちょっとサイボーグっぽいけど、普通の先生だしねえ」

( ^ω^)「ここ入って一年以上経つけど、未だにこの学校の事が理解できんお……」

(´・ω・`) 「同じく」


~~~

(//‰゚)「皆サン、本日ハヨウコソオイデナサイマシタ」

\ワーワーガラヤカ/
ΩΩΩΩΩΩΩ
ΩΩΩΩΩΩΩ<プスー

(//‰゚)「本日ノ目玉商品ハコチラ!」

[( ФωФ)]Ф)]Ф)]Ф)]Ф)]Ф)]Ф)]Ф)]Ф)]Ф)]

(//‰゚)「当校アンケートデ『胸板ニ挟マレ圧死シタイランキング』一位ニ輝イタ、杉浦ロマネスク君ノ生写真セット!」

\ オォー! /
ΩΩΩΩΩΩΩ
ΩΩΩΩΩΩΩ<……プスプスッ

(//‰゚)「プラァァァス!身体測定時ノ詳細データモオ付ケシマス!」

\ オォー! /
ΩΩΩΩΩΩΩ(……なんかくっせ)
ΩΩΩΩΩΩΩ(……ばれてない!)

(//‰゚)「デハ―――― 一万円カラノスタートトナリマス!」
 _、_
(*,_ノ` )ノ「一万五千!」

(*・∀・)ノ「ならこちらはニ万だ!」

第五話『副題:受注生産モ承ッテオリマス(五万円~)』



第六話『行列の出来る屋上』

( ^ω^)「…………おー」

(´・ω・`) 「…………あー」

( ^ω^)「天井が二時間程度で直ってるのはさておき」

(´・ω・`) 「うん。この状況に比べれば実に些細な問題だと思うよ」

( ^ω^)「あー、蜘蛛の糸って芥川龍之介だったかお?」

(´・ω・`) 「だねぇ……とすると、一番上のツン先輩がカンダタか……」

( ^ω^)「……ずっと気になってたんだけど、何で男子校なのに女子がいるんだお」

(´・ω・`) 「あの人、共学の頃からダブり続けて現在四十八歳らしいよ」

( ^ω^)「ああ、入学してからの疑問がようやく解けたお……」
 
ξ#゚⊿゚)ξノシ 「あんたら降りなさいよ!縄が切れそうじゃない!」チラッ

(´・ω・`) 「うわっ……嫌なもん見ちゃったなぁ……」

( ^ω^)「耐えるおショボン。ツン先輩の真下にいるジョルジュ先輩と比べれば……」
  _
(  д ) マーゲイッ!
 
(´・ω・`) 「……落ちちゃった」

ξ#゚⊿゚)ξ「フーッ!フーッ!今日こそは屋上に辿りついt

がらがらがらー

( ^ω^)「あー」

(´・ω・`) 「また天井がー」

( ^ω^)「……」

(´・ω・`) 「……」

( ^ω^)「そういえば……屋上って何かあるのかお?」

(´・ω・`) 「さあ?」

第六話『副題:屋上には伝説の樹が生えてるらしいよ!』




最終話『行列の出来る放課後』

( ^ω^)「さて、今日はどっか寄り道するかお?」

(´・ω・`) 「そうだねぇ…………あっ、今日はダメだったんだ」

( ^ω^)「何か用事でもあるのかお?」

(´・ω・`) 「ちょっと職員室にね」

( ^ω^)「……おーおー、いつもの奴かお」

(´・ω・`) 「まあね。クラス委員だし仕方ないよ」

( ^ω^)「じゃあまた明日だおー」

(´・ω・`) 「じゃあねー」


(´・ω・)ΩΩΩΩΩΩΩ



~~それから二時間後~~



/ ,' 3 「ホイ、今月もご苦労さん」

(´・ω・`) 「ありがとうございます」

/ ,' 3 「来月もがんばってくれよ」

(´・ω・`) 「はい。それじゃ失礼します」


( ´・ω・`) 「ひーふーみー…………しけてやがんなあ」
 つ□と
最終話『副題:行列の半分はサクラで構成されています』

コメントの投稿

非公開コメント

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
どっくんかわいそす

体育館から放射線反応て何があったw
プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。