スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺に焼酎を飲ませてはいけないと俺の中で噂になっています

昨日の事です。

夜勤を終えた俺は、発泡酒を呑みながら短編をぺちぺちこねこねしていました。

そんなこんなで発泡酒を850mlほど呑んだら発泡酒が尽きました。

なので焼酎をそのまま湯呑みで呑みました。

いきなりテンションが上がり始めました。

種籾を目にした世紀末モヒカンの如きテンションの上がり方でした。

で、気付けば書いてる途中の短編を投下していました。

>>2から始まったチョップ合戦にうずうずしました。

投下ほっぽり出して混ざろうかと本気で考えました。

投下後に>>4にごめんねと書くべきだったと思うんです。

酔ってたときの記憶がハッキリしてるってのは結構困ったちゃんです。

みんなはこんな風になっちゃいけないと思うです。

コメントの投稿

非公開コメント

俺なんて飲まなくても記憶が危ういと言うのに…!

外付けHDDを記憶領域にできる時代はまだですか!

No title

>書いてる途中の短編を投下していました。

なにそのいつもの俺

No title

>俺なんて飲まなくても記憶が危ういと言うのに…!
外付けHDDを記憶領域にできる時代はまだですか!

まずカメラとメモ帳を用意します。
チラリズムを激写もしくは写生します。
HDDに保存します。

そして俺にzipで

( ^ω^)ニコッ


>>書いてる途中の短編を投下していました。
なにそのいつもの俺

若さって何さ振り向かないことさレベルですね。

どっちにしろあっこはこうしておけばとか悶絶するのでいつも通りなんです。


プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。