スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚) 痴漢と私のようです('A`) その3


ミョイン ヽ川 ゚ 々゚)人(゚- ゚ 川ノ ミョイン

 !?    !?   !?
ζζζ*゚-) (  ) (ω^   )


ζ(゚д゚*ζ(ふえとぅあ-!)

('A`)(ふ、ふふふふえたぁぁあくぁwせdftgyふじこlp@)

川 ゚ -゚) 「くるうー、久しぶりだなー。一人でここに来たのか?」

川 ゚ 々゚)「そだよ。くるね、にいたんむかえにきたの」

ζ(゚д゚*ζ ポカーン

('A`) ポカーン

川 ゚ -゚) 「くるうは凄いなあ。こんなにちっさいのに一人でここまでこれるのかぁ」

ヽ川 ゚ 々゚)ノ「おー、くるすごいかー」


ニヨニヨ川 ゚ 々゚)  (゚- ゚ 川ニヨニヨ

ζζζ*゚д) (  ) (ω^   )


( ^ω^)「……で、その子誰?」

川 ゚ -゚) 「兄の子のくるうちゃんです。あんま寄らないで下さいね、肥満が伝染したら……ねぇ」

( ^ω^)「黙れ犯ざ……」

ヾ川 ゚ 々゚)シ「うっうーうーうーにーたんにーたーん」

( ^ω^)「今だけは勘弁してやるお……はじめまして、くるうちゃん」

川 ゚ 々゚)「う?おいちゃんだあれ?」

( ^ω^)「ボク?ボクはおまわりさんだおー」
  _,
川 ゚ 々゚)<えぇーうっそだぁー

( ^ω^)「やめて……そういうの傷つくからまじ止めて」
  _,
川 ゚ -゚)<だって、刑事(DE☆KA)って感じじゃないしー

( ^ω^)「お前はまじ自重しろ」

ζ(゚д゚*ζ ベヨーン

('A`) バヨエーン

川 ゚ 々゚)σ「じゃあじゃあ、あのくるくるおっぱいは?」

( ^ω^)「あー、あー、うん…………ボクには誰の事かわかんないお」

川 ゚ -゚) 「純情パインなら分かるけど、くるくるおっぱいはわかんないなあ」

ヾヽ川 ゚ 々゚)ノシ「もー、わかってよー」

「あれなの!あーれ!」川 ゚ 々゚)σ       アイスストーブ>ζ(゚д゚*ζ ←くるくるおっぱい

σζ(゚д゚*ζ「ダイヤキュー……あ?うぇ?私?」

川 ゚ 々゚)「うん!……あ、くるくるおっぱいだったんだ!ごめんねくるくるおっぱい!」

ζ(゚д゚*ζ「え、あー」←理解していない


ζ(-д-*ζポクポクポクポク

       |
   \  __  /
   _ (m) _チーン
      |ミ|
   /  .`´  \
   ζ(゚∀゚*ζチーン


ζ(゚∀゚*ζ「うん!気にしないで!」←やっぱり理解していない

( ^ω^)(馬鹿でよかった。言いたくないけど妹が馬鹿で本当によかった)

川 ゚ 々゚)「うーうー、うー?」

川 ゚ -゚) 「どうしたんだい、くるう」

川 ゚ 々゚)「あのおとたんとはんたいな人はだあれ?」


ポンポコポンポコ>('A`)←反対な人

川| ゚ -)川| ゚々)(ω^ )(ー゚*ζζζ


川 ゚ -゚) 「あの人か……あの人はなぁ……」

( ^ω^)「あー、うん、あの人ね……」

ζ(゚ー゚*ζ「あの人はねー」


ポンポンポコポン>('A`)←謎深き乙女

川| ゚ -)川| ゚々)(ω^ )(ー゚*ζζζ


川 ゚ -゚) (……なんて言おう)

ζ(゚ー゚*ζ (あっ!そういえば知らない人だ!)

( ^ω^) (痴漢の被害者です、とか言える訳ねえし……助け舟出すしかねえかお)

川 ゚ 々゚)「ねぇねぇ、だーれー?」

ζ(゚ー゚*ζ 「ごめん!わかんない!」

( ^ω^)「えっとね、あの人はね、空君のお友

川 ゚ -゚) 「くるう、あの人はお尻の神様だよ」

( ^ω^) 達だよ……ぉ…………」


ポッコポッコポッコ>('A`)←神いわゆるGod(但し尻に限る)

川| ゚ -)川| ゚々)(ω^ )(ー゚*ζζζ


川 ゚ 々゚)「かみしゃま!?」

( ^ω^)「        」←好きな言葉を入れてね

川 ゚ -゚) 「そう。あのお尻は、人の身では為し得ぬ領域に至っていると言っても過言ではない」

ζ(゚ー゚*ζ「そうね……あのお尻は人の領域を超えているわね……」

( ^ω^)「                    」←好きな台詞を入れてね

川 ゚ 々゚)「えっ……えっ?お尻だけ神様なの!?」

川 ゚ -゚) 「そうさ。くるうも一度体験してみれば、頭でなく心で理解できる筈さ」

川 ゚ 々゚)「ほうほうほほうほほう」

ヽ川 ゚ 々゚)ノ「突貫ッ……!」

( ^ω^)「とっ、かん…………ちょっと待てぇ!」

―=三ヽ川 ゚ 々゚)ノ   ('A`)<ポクポク


―=三ヽ川 ゚ 々('A`)<ポクポク


       |
   \  __  /
   _ (m) _チーン
      |ミ|
   /  .`´  \

―=三ヽ川 ゚('A`)<チーン!


('A`)「謎は全て解け

「すごい!このおしりすごい!すごい!うちゅう!」川 ゚('A`)「ひゃああー!」

ζ(゚д゚*ζ「顔からいったァー!」

川 ゚ -゚) 「躊躇なく谷間に顔を埋める……だと……我が甥ながら恐るべき才だな……」

( ^ω^)「…………」

 くるう、と名乗る小さな子供が身を屈め、少女から女性へと変わり始める年頃の毒緒さんの尻へと顔を埋めた。
ボクは、小さく口を開けたまま、その光景を眺めていた。瞳孔が、きゅうと音を立てて絞られるのを感じた。


「うわぁ……神様のお尻取っても暖かいナリィ……」川 ゚('A`)「うああーん」


――くるうは衆人環視の中で、一心不乱に尻を堪能する。
頬で。唇で。鼻梁で。瞼で。額で。顎で。髪で。睫で。産毛で。
毒緒の太腿にしがみ付き、両の掌でその感触さえも堪能しながら。

( ^ω^)「……」

コレは痴漢に該当するのだろうか。と考える。
答えは是でもあり、否でもあった。


続く。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

( ^ω^)y=- (`^ω^´;)
プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。