スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´_ゝ`) のんひくしょんぶらざーずのようです(´<_` )

そのいち

( ´_ゝ`) 「なあ弟者」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「町の運動会に出ねばならなくなった。ジャージを貸してはくれまいか」

(´<_` )「今穿いている奴しかないのだが」

( ´_ゝ`)「脱げ」

(´<_` )「……兄者のは無いのか?」

( ´_ゝ`)「汚したくないのだよ。分かるかね?」

(´<_` )「……」

( ´_|_ ` ) 「……」

(´<_` )「……脱ぐからこっち見るな」

( ´_|_ ` ) 「ありがとう弟者」

(´<_` )「脱ぎ難いからこっち見るなと」


そのに

(´<_` )「……電話か」

(´<_` 】「もしもし」

【 ´_ゝ`)「もしもし弟者?」

(´<_` 】「……今仕事中なのだが」

【 ´_ゝ`)「まぁ気にするな。ついさっき家に帰ったんだが、非常に驚くべき事があったんだ」

(´<_` 】「……なんだね?」

【*´_ゝ`)「今週号のマガジンが二冊もあった!ねぇねぇ、何コレ?何コレ?」

(´<_` 】「……俺と妹者と二人揃って買ってしまっただけだ」

【*´_ゝ`)「そっかそっか!二人揃ってバカだなぁ!」

(´<_` 】「……切っていいか?」

【*´_ゝ`)「あーうん……あれ、トッキューっていつ終わった?」

(´<_` 】「……しらんがな」


そのさん

( ´_ゝ`)「なぁ弟者、暇か?」

(´<_` )「……暇だが、どうした?」

( ´_ゝ`) 「ちょっとドライブでもしようか」

(´<_` )「……?まぁいいか」


( ´_ゝ`) 「よーしついたぞー」

(´<_` )「……なぁ、兄者」

( ´_ゝ`)「どうした弟者」

(´<_` )「ここは兄者の友人宅ではないのか?」

( ´_ゝ`)「うむ。という訳で帰りは電話するので起きていろよ」

(´<_`;)「えっ?ちょっ……行きやがった……」


そのよん

▼・エ・▼「わんわん!わんわん!」

( ´_ゝ`) 「ほーれ犬ー、こっちさおいでー」

(´<_` )「お犬ー、お犬ー、ぐりぐりごりごりしてやるぞー」

(´<_`▼・エ・▼「わんわん!わんわん!」

(´<_`*)「ふふっ、可愛い奴よ」

(#´_ゝ`)「……ホラホラ犬!ホラッ!餌あるぞ餌!」

(´<_`▼・エ・▼「わんわん!わんわん!」

(´<_`*)「残念だったな兄者、お犬は俺のフィンガーテクにメロメロだそうだ」」

(#´_ゝ`)「いいもーん!冷蔵庫のビール飲むからいいもーん!さみしくないもーん」

(´<_` )「……ちょっと待て、冷蔵庫のは俺が買ってきた奴なんだが」

(#´_ゝ`)「しらないもん!弟者はそのまま犬と戯れてればいいんだもん!」

(´<_`;)「分かったよ……ホラお犬、兄者が呼んでいるぞ」

▼・エ・▼「わふ?」

(*´_ゝ`)「ほーら、犬おいでー」

l从・∀・ノ!リ人「ただいまー、犬こっち来いなのじゃー」

▼*・エ・▼「わふわふわふ!」

(  _ゝ )「……犬ぅー、犬ぅー」

(´<_`;)「……一緒に飲む?」


そのご

( ´_ゝ`)「弟者」

(´<_` )「兄者」

( ´_ゝ`)「金貸して」(´<_` )

(;´_ゝ`)「……」

(´<_`;)「……」

( ´_ゝ`)「あ、こんなところにPS3が」

(´<_` )「それは俺のだ」

( ´_ゝ`)「こんなところにMGS4が」

(´<_` )「それも俺のだ」

( ´_ゝ`)「……ケチ」

(´<_`#)「……」


そのろく

( ´_ゝ`)「弟者。勝手にタバコを吸ったが別にかまわんよな?」

(´<_` )「ああ、どうせ4箱くらいストックあるしな」

( ´_ゝ`)「全部あけたが別にかまわんよな?」

(´<_` )「ああ……あ?」

( ´_ゝ`)「うん、空けた奴をそこらへんに放っておいたら行方不明になってな」

(´<_` )「……さがせよ」


そのなな

( ´_ゝ`)「弟者、すももももももの新刊がないのだが」

(´<_` )「自分で探すのが吉と出ているぞ兄者」

( ´_ゝ`)「めんどいなぁ……お、ベッドの下に本が」

(´<_`;)「そこはダメだ兄者そこは」

( ´_ゝ`)つ[エロ本]

(´<_`;)「……」

(*´_ゝ`)「ご、ごめん……」

(´<_`*)「う、うん……」


そのはち

(´<_` )「……兄者がいない」

(´<_`*)「これは俺の右手が輝く時!」

(´<_`*)「いざ開かんマイエロフォル……あれ?」

(´<_`;)「……エロ動画が増えているだとっ!?」


そのきゅう

( ´_ゝ`)「おーとじゃー」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「パチ屋並ぼうぜパチ屋」

(´<_` )「……いや、金がないんだが」

( ´_ゝ`)「いいからいいから」

(´<_`;)「……うむ」


(;´_ゝ`)「むぅ……56番か。弟者はどうだった?」

(´<_` )「3番だな」

( ´_ゝ`)「よこせそしてかえれ」

(´<_`;)「!?」


そのじゅう

( ´_ゝ`)「弟者、それはなんだ?」

(´<_` )「見てわからんか?本棚だ」

( ´_ゝ`)「それは分かるが……この部屋には既に本棚が四つもあるのだが」

(´<_` )「四つも五つも大して変わらんさ」

( ´_ゝ`)「……それもそうだな」


(´<_` )「……狭いな」

( ´_ゝ`)「ああ、狭いな」


そのじゅういち

( ´_ゝ`)「弟者、この本は何だ?」

(´<_` )「それか?それは隣の数字ちゃんの三巻のおまけだ」

( ´_ゝ`)「ほうほう……」

(´<_` )「……」

( ´_ゝ`)「むぅ……」

(´<_` )「どうした兄者」

(*´_ゝ`)「いや、なんでもない」

(´<_` )「なぜ尻を押さえる」


そのじゅうに

(´<_` )「兄者、ガソリンランプが点灯していたぞ」

( ´_ゝ`)「知っている」

(´<_` )「……俺が入れるのを期待してか?」

( ´_ゝ`)「ああ、俺なりの節約術だ」


そのじゅうさん

(´<_` )「なぁ兄者」

( ´_ゝ`)「どうした弟者」

(´<_` )「尻が出ているぞ」

( ´_ゝ`)「暑いからな」

(´<_` )「……そうか」

( ´_ゝ`)「そういうお前も短パンから稲荷が見えているぞ」

(´<_` )「暑いからな」

( ´_ゝ`)「だよな」



(;´_ゝ`)「尻をっ!刺されたっ!」

(´<_`;)「かゆい!玉をっ!刺されたっ!」

(;´_ゝ`)「キンカンッ!キンカ……ふぅ」

(´<_`;)「あ、兄者っ!俺にもキンカンを……」


(゚<_゚;)「ひぎぃ!」


そのじゅうよん

( ´_ゝ`)「むっ!おにうてれびか」

(´<_` )「うむ。俺が買ったおにうてれびだ」

( ´_ゝ`)「そうかそうか」

(´<_` )「これでついにPS3も本領発揮だ」

( ´_ゝ`)「そんなに奇麗になるのか?」

(´<_` )「うむ。今までのテレビがうんこのようだ」

( ´_ゝ`)「そうか…………ところで弟者」

(´<_` )「なんだ?」

( ´_ゝ`)「このテレビでロマサガ3をやりたいのだが、本体ごと貸してくれる友人はいないか?」

(´<_`;)「スーファミの時点でかなり怪しいな」

( ´_ゝ`)「そうか……」


そのじゅうご

(´く_` )「さて、現行でも書くとするか」

(*´_ゝ`)「やっべ!イモやっべ!」

(´く_` )「……」

(*´_ゝ`)「たけのこやべぇ!」

(´く_`;)「……うっさいなぁ」

(*´_ゝ`)「おがわきめぇぇぇwwwww」

(´く_`;)「……」

( ´_|_ ` )「……」

(´く_` )「……」

( ´_|_ ` )「……」

( ´_>`)「急に静かに……」

( ´_|_ ` )「なにしてんの?」

(゚<_゚;)「……顔近いって」

( ´_|_ ` )「そいつはすまん」


そのじゅうろく

( ´_ゝ`)「なあ弟者」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「妹者二号みたいなのを腐女子と言うのだよな?」

(´<_`;)「……あれは単なるエヴァオタだと思うぞ」

( ´_ゝ`)「そうか、違うのか……」

(´<_` )「……妹者二号に言ったか」

( ´_ゝ`)「ああ、連呼したな」


じゅうなな

(´<_`;)「……」

(;´_ゝ`)「……」

(´<_`;)「なぁ、兄者」

(;´_ゝ`)「……」

(´<_`;)「Gが出てきて驚いたのはわかるさ」

(;´_ゝ`)「……うん」

(´<_`;)「なぜに開いたジャンプで挟むかな」

(;´_ゝ`)「……うん」


じゅうはち

(´<_` )「なぁ兄者」

( ´_ゝ`)「どうした弟者」

(´<_` )「眠いんだが」

( ´_ゝ`)「奇遇だな、俺もだ」

(´<_` )「兄者が俺の布団に寝ていては、俺が寝れないのだが」

( ´_ゝ`)「俺のベッドがあるじゃないか」

(´<_` )「布団に大きな染みがあるのだが」

( ´_ゝ`)「ビールを思い切りこぼしたからな、仕方ないさ」

(´<_` )「そこに寝ろと?」

( ´_ゝ`)「うむ、寝ろ」



そのじゅうく

(´<_` )「兄者、ちょっと卒業アルバムを見せてくれないか?」

( ´_ゝ`)「別に構わんがどうした?」

(´<_` )「いや、ちょっとな……」



(´<_` )「横堀横堀……」

( ´_ゝ`)「横堀?こいつか」

ξ//‰゚)ξ

( <_  )「おぅ……」

( ´_ゝ`)「こいつがどうかしたのか?」

( <_  )「暗かったとはいえ……俺って奴は……」

(;´_ゝ`)「……食ったか」


そのにじゅう

(´<_` )「む、PS2が無い……」

( ´_ゝ`)「ただいま」

(´<_` )「おお、お帰り兄者。ところでPS2を知らないか?」

( ´_ゝ`)「PS2なら今持って帰ってきたところだが」

(´<_` )「ん?兄者は社員旅行に行っていたのだろ?」

( ´_ゝ`)「ああ、温泉に入ってきたな」

(´<_` )「何故PS2を持って行く必要がある」

( ´_ゝ`)「旅館でゲームするために決まっているじゃないか」

(´<_`;)「……」


そのにじゅいち

(´<_` )「兄者、どこかへお出かけか?」

( ´_ゝ`)「ああ、本場の薩摩揚げが急に食いたくなってな」

(´<_` )「土産を楽しみにしているぞ」

( ´_ゝ`)「うむ、任せろ」


(´<_` )「む、コンビニにでも行くのか?」

( ´_ゝ`)「いや、本場の広島焼きが食いたくなってな」

(´<_` )「そうか、では土産を頼む」

( ´_ゝ`)「うむ、任せろ」


そのにじゅに

(´<_`*)「ふふ、名酒と呼ばれるだけはある」

( ´_ゝ`)「おや、弟者が飲んでいるそれは何だ?」

(´<_`*)「友人より頂戴した百年の孤独よ」

( ´_ゝ`)「ふむ、うまいか?」

(´<_`*)「ああ。兄者も飲むか?」

(*´_ゝ`)「戴こう」


(´<_`;)「あれ……百年の孤独が無い……」

(;´_ゝ`)「スマン、友人宅に持って行って全部飲んだ」

( <_  )「   」


にじゅうさん

(´<_`;)「弁当を忘れるなんて迂闊にも程があるな……」

( ´,_ゝ`)「おや、どうした弟者」

(´<_`;)「弁当を忘れてな……」

(;´,_ゝ`)「……」

(´<_` )「ん、どうした兄者」

(;´,_ゝ`)「おべんとうはおなくなりになりました」

(´<_`;)「……」


とぅえんてぃふぉお

( ´_ゝ`)←レントン教授プレイ中

(´<_` )←携帯で2ch中

( ´_ゝ`)「……」

(´<_` )「……」

(#´_ゝ`)「ズバッとマルっとお見通しだ!」

(´<_`;)「……いきなりどうした兄者」

( ´_ゝ`)「いや、つい」

(´<_`;)「そうか……」

(;´_ゝ`)「あ、不正解」


そのにじゅうご

( ´_ゝ`)「なあ弟者」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「弟者の初体験が外人とってマジ?」

( <_  )「……誰から聞いた?」

( ´_ゝ`)「お前のダチ」

(´<_`;)「ううう嘘に決まってるじゃないか」

( ´_ゝ`)「そうか。ならそいつと三体合体したって話しは?」

:(( <_  )):「……」

( ´_ゝ`)「おーい、弟者ー?」


おれのとし

(´<_` )「あれ……サイコと蛙軍曹がない」

( ´_ゝ`)「ああ、それなら友人に貸した」

(´<_`;)「ちゃんと返してもらってくれよ」

( ´_ゝ`)「分かってるって。明日取ってくるさ」



( ´_ゝ`)「弟者、ちょっとドア開けてくれ」

(´<_` )「はいよ……その漫画本は?」

( ´_ゝ`)「借りてきた」

(´<_` )「で、俺のは?」

( ´_ゝ`)「あ」


にじゅなな

( ´_ゝ`)「弟者弟者」

(´<_` )「どうした兄者」

(*´_ゝ`)「アイスなめる?」

(´<_`;)「蓋はなめんよ」

( ´_ゝ`)「そっか……」


( ´_ゝ`)「弟者弟者」

(´<_` )「何だ」

(*´_ゝ`)「ポテチ食べる?」

(´<_`;)「粉はいらんよ」

( ´_ゝ`)「そっか……」


あにじゃのとし

(´<_`;)「……なんぞこれ」

(*´_ゝ`)「スロ台だ!ほらニューパルあるぞニューパル」

(´<_`;)「それは分かるが……もう一台は何だ」

( ´_ゝ`)「俺も知らん」

(´<_` )「……返してきなさい」

( ´_ゝ`)「えー」


(´<_`;)「で、またもらってきたと」

(*´_ゝ`)「キンパルよくねキンパル」



にじゅく

(´<_` )「兄者はいないな……」

(´<_` )「この時間まで帰ってこないという事は……」

(´<_`*)「一週間ぶりに俺の時代!」

( ´_ゝ`)「ただいまー」

(;<_; )「帰れ!兄者なんか帰れ!」

(;´_ゝ`)「え、いや……え?」


さんじゅう

(´<_`;)「兄者、これは嫌がらせか?」

( ´_ゝ`)「いや、単におく場所がなかっただけだ」

(´<_`;)「だからと言って何故PCの前に空き缶を積む」

( ´_ゝ`)「何となくだ」

(´<_`;)「全く……」

( ´_ゝ`)「ああ、一つだけ半端に中身入ってるから」

(´<_`;)「……」


さんじゅういち

(*´_ゝ`)「ぷひっぷひひっ」

(´<_` )「兄者、漫画本を積みすぎではないか?」

(*´_ゝ`)「三十冊くらい大丈夫だって」

(´<_`;)「いや、既にぐらついて……あっ」

(;´_ゝ`)「ぬわー」


さんじゅうに


(´<_` )「この酒が何だか分かるか兄者」

( ´_ゝ`)「知らん!」

(´<_` )「これこそ悪名高いスピリタスだ」

( ´_ゝ`)「で、うまいのか?」

(´<_` )「知らん!」

( ´_ゝ`)「……飲んでみるか」

(´<_` )「……うむ」



(#゚_ゝ゚)「ですとろぉぉぉぉぉぉぉい!」(゚<_゚#)


さんじゅうさん


( ´_ゝ`)「うむ……うむ……」

(´<_` )「……また闘劇を見ているのか」

( ´_ゝ`)「うむ。ザッパのコツがいまいち掴めなくてな」

(´<_` )「そうか。ちなみに何回見たんだ?」

( ´_ゝ`)「八回くらいか」

(´<_` )「いや、今日何回見たかを」

( ´_ゝ`)「今日八回見たんだが」

(´<_`;)「朝からか」

( ´_ゝ`)「うむ」


さんじゅうよん

(*´_ゝ`)「ZZZ……」

(´<_` )「兄者、そろそろ八時だぞ」

(*つ_ゝ`)「ん……」

(´<_` )「起こせと言ったのは兄者なんだぞ。さっさと起きろ」

( ´_ゝ`)「うん……あれ?」

(´<_` )「どうかしたか?」

(;´_ゝ`)「あれ?コンタクトがない……弟者、食っただろ」

(´<_`;)「……それは素か?」

( ´_ゝ`)「……かも」


さんじゅうご


(*´_ゝ`)「よっし30連勝!」

(´<_`;)「兄者……もう少し、こう、何というか手心というか……」

( ´_ゝ`)「痛くなければ覚えませぬ」

(´<_`;)「シグルイにござるか……」

( ´_ゝ`)「左様」



( ´_ゝ`) かえってきたのんひくしょんぶらざーずのようです(´<_` )



さんじうろく

(*´_ゝ`)「ホラホラ、えふえふほーだぞえふえふほー」

(´<_` )「ああ、DS版か」

(*´_ゝ`)「ホラホラ、ムービー超綺麗じゃね?やばくね?」

(´<_` )「ほほう、なかなか……」

(*´_ゝ`)「だろ?だろ?」

(´<_` )「しかしなぁ、戦闘画面がポリゴンと云うのはなぁ……」

(*´_ゝ`)「いいの。かっこいいからいいの」

(´<_` )「兄者がいいのならそれでいいんだが」

(*´_ゝ`)「そういう事………………あれ?」

(´<_` )「どうした?」

(;´_ゝ`)「弟者、暗黒が出ない!」


さんじうなな

(´<_` )「兄弟でパチ屋に来るのも久々だな」

( ´_ゝ`)「うむ」


(´<_`*)「格納庫背景きたっ!」

( ´_ゝ`)「……」


(´<_`*)「全ッ!回ッ!転ッ!」

(  _ゝ )「……」


(´<_` )「時短抜けたか……あれっ、兄者がいない」

(´<_`;)「……何処にもいないな」

(´<_`;)「車が無いッ!俺置いて帰りやがった!」


さんじうはち

( ´_ゝ`)「む、弟者が飲んでいるのは新発売されたビールか?」

(´<_` )「うむ。何となく買ってみた」

( ´_ゝ`)「一口おくれ」

(´<_` )「別に構わんぞ」

( ´_ゝ`)「では遠慮なく……」

(´<_` )「うむ」

( ´_ゝ`)「ぐびっぐびっぐびっぐびっぐびっ」

(´<_`;)「お、おい、兄者」

(*´_ゝ`)「プハァー!うんめぇぇぇぇぇぇぇっ!」

(´<_`;)「飲み干しやがった……」


さんじうきゅう

(´<_` )「兄者、最近腹に貫禄が出てきたのは気のせいか?」

( ´_ゝ`)「気のせい…………ではないな」

(´<_` )「それにしては危機感が無いな」

( ´_ゝ`)「この程度なら一週間酒断ちすれば戻るからな」

(´<_`;)「たった一週間でへこみそうな腹じゃないと思うが……」

( ´_ゝ`)「まぁ見ていろ」


('_ゝ`)「ホラこの通り!」

(´<_`;)「…………すげぇ」


よんじう

( ´_ゝ`)「……腹が減ったな」

(´<_` )「……うむ」

( ´_ゝ`)「焼肉でも食いに行くか。たまには俺がおごってやろう」

(´<_`*)「なんと!」



(;´_ゝ`)「あ」

(´<_` )「どうした兄者」

(;´_ゝ`)「三千円しか入ってない……弟者、一万貸してくれ」

(´<_`;)「構わんが……」

( ´_ゝ`)「あ、あと割勘な」

(´<_`;)「……」


よんじういち

( ´_ゝ`)「む……弟者、今やってるそのゲームは何だ?」

(´<_` )「これか?コレは静岡4部屋でござる」

( ´_ゝ`)「ほうほう……で」

(´<_` )「で?」

( ´_ゝ`)「静岡と云う事はホラーゲームだよな?」

(´<_` )「否、コレは鈍器ゲーにござる」

( ´_ゝ`)「ふむ……鈍器ゲーとは新しいな……」

(´<_`;)(……冗談のつもりで言ったんだが……)


よんじうに

▼・エ・▼「わんわん!わんわん!」

(*´_ゝ`)「いぬーいぬー」

(´<_`*)「おいぬー、おいぬー」

▼・エ・▼「わんわん!わんわん!」

(*´_ゝ`▼・エ・▼「ふふ、やはり俺の方が魅力的なようだな」

(´<_`#)「兄者、その手に握っているのはまさか……」

(*´_ゝ`▼・エ・▼「今頃気付いたか。そうよ、俺が手にしているのは犬の好物ささみジャーキーよ!」

(´<_`#)「ぐぅっ……」

(*´,_ゝ`)「ほーらいぬー、あそこに負け犬がいるぞー」

▼・エ・▼「わんわん!わんわん!」

(´<_`#)「……」


よんじうさん

(´<_`;)「兄者、使用済みコンタクトをそこら中に捨てるのは止めてくれないか?」

( ´_ゝ`)「だめ?」

(´<_` )「だめ」

( ´_ゝ`)「……分かった」


(´<_`;)「ぬっ……なんで俺の座椅子にコンタクトが散らばってるんだ……」

( ´_ゝ`)「そこもだめか?」

(´<_`;)「ダメに決まってるだろう」

( ´_ゝ`)「そうか……」


よんじうよん

( ´_ゝ`)「弟者弟者」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「今の弟者って、えふえふやりたそうな顔してるな」

(´<_` )「いや、別に」

( ´_ゝ`)「そう遠慮するなって。やりたいって顔に書いてあるぞ」

(´<_`;)「いや、それはないから」

( ´_ゝ`)「そういわずにほらほら、遠慮なくレベル上げていいんだぞ」

(´<_`;)「……」


よんじうご

( ´_ゝ`)「弟者ー、リモコンとってー」

(´<_` )「どう見ても兄者が近いだろ」

( ´_ゝ`)「いいから取ってー」

(´<_` )「自分で取れよ」

( ´_ゝ`)「今忙しいから弟者取ってー」

(´<_`;)「忙しいって……何もしていないように見えるが?」

( ´_ゝ`)「暇を浪費するのでいっぱいいっぱいなのだよ」

(´<_`;)「…………はい、リモコン」


よんじうろく

( ´_ゝ`)「じゃがりこうめぇなぁ」

(´<_` )「いい物を食っているな、俺もひとつもらおう」

( ´_ゝ`)「おう、どんどん食え」

(´<_` )「では遠慮なく」

( ´_ゝ`)「どうせ俺のじゃないし」

(´<_`;)「え?」

( ´_ゝ`)「妹者の買い物袋から勝手にいただいてきた物だし」

(´<_`;)「……」


よんじうなな

( ´_ゝ`)「弟者、我々のように仲のいい兄弟というのは珍しいらしいな」

(´<_` )「そうなのか?」

( ´_ゝ`)「うむ、殆ど話さないというのが大多数らしい」

(´<_` )「まぁ……我々は相部屋だしな」

( ´_ゝ`)「だな」



よんじうはち

(´<_` )「なあ兄者」

( ´_ゝ`)「急にどうした弟者」

(´<_` )「前々から言おうと思ったんだが……」

( ´_ゝ`)「だから用件は何だ」

(´<_`;)「放屁の時に毎回尻をこっちに向けるのはやめてくれないか」

( ´_ゝ`)「もう遅い」

ブッ


よんじうきゅう

( ´_ゝ`)「おや、扇風機を買ったのか」

(´<_` )「うむ」

( ´_ゝ`)「最近暑いし」

(´<_` )「いや、屁対策」

(;´_ゝ`)「……」

(´<_`*)「……」


ごじう

(*´_ゝ`)「……」

(´<_`;)「……」

(*´_ゝ`)「……」

(´<_`;)「な、なぁ兄者」

(*´_ゝ`)「どうした、観念したか?」

(´<_`;)「いや……とりあえずそのうどんのカップから手を離せ」

(*´_ゝ`)「嫌だね、そぉい!」

(´<_`;)「ぬわっ!」

(*´_ゝ`)「おいおい避けるなよ」

(´<_`;)「いやまじで勘弁してくれ」

(*´_ゝ`)「大人しくそぉい!されろよ弟者ー」

(´<_`;)「嫌だっ!絶対嫌だ!」








( ´_ゝ`) のんひくしょんぶらざーず


(´<_` )いん


( ´_ゝ`) ぱぱぱぱーぱーぱーぱぱぱーぱー


(´<_` )ぱぱぱーぱぱぱーぱーぱー


( ´_ゝ`) もんはんのようです(´<_` )


序狩

(´<_`*)「おっしゃシェン撃破!」

( ´_ゝ`)「……」

(´<_`*)「コレでついに上位への道が!」

( ´_ゝ`)「ねぇ弟者、なにやってるの?」

(´<_` )「ん?ああ、コレは友人に薦められてやってるモンハンだ」

( ´_ゝ`)「へー、これがねぇ……おもしろい?」

(´<_` )「ああ。最初のころは素材集めがダルかったが、今ではソレで一喜一憂するのも楽しみの一つだな」

( ´_ゝ`)「えー、何か嘘くせー」

(´<_` )「まあ、兄者がどう思おうと、俺が面白いと思ってやってるのは真実だが」

( ´_ゝ`)「まぁ……な」

そして数日後

( ´_ゝ`) 「そういやさ、この前PSPの古い奴貰えるかもって言ってたじゃん」

(´<_` )「うむ、言ったな」

( ´_ゝ`) 「でさ、弟者新型買うって言ってたじゃん」

(´<_` )「ああ、発売日に買う気満々だが」

( ´_ゝ`)「お前のもよこせ」

(´<_`;)「は?」

( ´_ゝ`) 「オレも友達とモンハンするからよこせ」

(´<_`;)「……」

こうして俺のPSPを強引に奪い取った兄者は、二人の友人に一万ずつ渡し、PSPとMHP2Gを買わせたのだった。


クエストに出る前に編


一狩

( ´_ゝ`)「弟者ー、弟者から貰ったデータの引継ぎってどうやるの?」

(´<_` )「普通にぬーげーむから出来るから」

( ´_ゝ`)「そっかー」

(´<_` )

( ´_ゝ`)「弟者ー、この最初の会話飛ばせないのー?」

(´<_` )「諦めて読んでください」

( ´_ゝ`)「把握ー」

(´<_` )

( ´_ゝ`)「弟者ー、キャラ動かないよー?」

(´<_` )「うんうん、キャラ動かすのはアナログの方だからねー」

( ´_ゝ`)「そっかー、ありがとー」

(´<_` )(今の俺カーチャンみてえ)

我が家にはこんな子供みたいな29歳長男がいるのです。

二狩

(´<_` )「一応武器の説明しといたほうがいい?」

( ´_ゝ`)「うむ。よろしく頼む」

(´<_` )「んじゃまずは大剣。見た目も威力もでかいです。縦斬り溜めれます」

( ´_ゝ`)「溜める?」

(´<_` )「チャージショットみたいなものです」

( ´_ゝ`)「把握!」

コレで普通に通じます。

三狩

(´<_` )「次は太刀です。基本ポン刀です」

(*´_ゝ`)「まじ!?」

(´<_` )「本気と書いてマジです。大剣より一撃性で劣る代わり、普通に歩き回れます」

(*´_ゝ`)「ズバズバいけるの?」

(´<_` )「大剣よりズバズバです」

(*´_ゝ`)「あー、いいなーそれ」

コレもまた余裕で通じます。

四狩

(´<_` )「片手剣。ガード中にアイテム使える代わりに地味です。マジ地味です」

( ´_ゝ`)「じゃあいいや。次いこ次」

(´<_` )「ですよねー」

派手さの優先順位はかなり上です。

五狩

(´<_` )「双剣は……超必殺技が使える二刀流です」

( ´_ゝ`) 「ほほう、はおーしょーこーけんか」

(´<_` )「いいえ竜虎乱舞です」

(*´_ゝ`)「ああ……こころひかれるぅー」

100メガショックをリアルタイムで体験してる時点で二人揃っていい年です。

六狩

(´<_` )「ハンマー。名前の通り鈍器です。漢のロマンです」

(*´_ゝ`)「鈍器!鈍器!」

(´<_`*)「鈍器!鈍器!」

(*´_ゝ`)「「鈍器!鈍器!」」(´<_`*)

(*´_ゝ`)「あ、彼女から電話だ。まあいいや!鈍器!鈍器!」

(´<_`*)「鈍器!鈍器」

鈍器はロマンです。

七狩

(´<_` )「じゃあ笛。笛は音楽掻き鳴らせるファンキーな鈍器です」

(*´_ゝ`)「ファンキーな鈍器とな!?」

(´<_` )「しかも演奏で同マップの味方に様々な補助効果を出せるのです」

(*´_ゝ`)=3「俺コレ使う!」

(´<_` )「どうぞどうぞ」

(´<_` )(……俺も作ろうかな)

兄弟揃って鈍器と云う言葉に過剰反応します。

八狩

(´<_` )「あとは……ランスか。ランスは硬いです。後は知りません」

( ´_ゝ`)「えー」

(´<_` )「使った記憶が無いのでしらんのです」

( ´_ゝ`)「んー、把握」

ランスだけは未だに碌に使いこなせません。


九狩

(´<_` )「ガンランス。嗚呼ガンランスガンランス。浪漫凝縮です」

( ´_ゝ`)「……説明になってないんだが」

(´<_` )「ガンランスは砲撃と云う必殺技と、竜撃砲と云う超必殺技があります。まさにロマンです」

( ´_ゝ`)「ほほう」

(´<_` )「残念武器と呼称されてる辺りもロマンです」

( ´_ゝ`)「つまり弱い、と」

(´<_` )「ロマンで十分補える程度です」

浪漫補正は大きいのです。


十狩

(´<_` )「あとはボウガンと弓。チキンの武器です。使う必要はありません」

( ´_ゝ`)「……え?」

(´<_` )「特大に対しては使うけど兄者は禁止な」

( ´_ゝ`)「え?」

(´<_` )「え?」

遠距離武器(笑)



兄者下位編


一狩

(;´_ゝ`)「弟者!敵がつおい!」

(´<_` )「そうか。とりあえず、人差し指で視点移動できるようになろうか」

(;´_ゝ`)「いや、四方八方に敵がいて俺がやばい!」

(´<_` )「転がってください」

(;´_ゝ`)「転がってもどうにもならんから言ってるんだ!」

(´<_` )「やれやれ、ちょっと貸して……兄者、防具はどうした?」

( ´_ゝ`)「防具?まだ作ってないぞ」

(´<_` )「いや、アイテムボックスの中にマフモフ装備あるから」

( ´_ゝ`)「え?アイテムボックスって何?」

(´<_` )「え?」

兄者は説明書読まないタイプ。

二狩

( ´_ゝ`)「弟者ー、クエスト手伝ってー」

(´<_` )「嫌だ」

( ´_ゝ`)「弟者冷たーい。いいじゃんかよー」

(´<_` )「せめてソロでクック先生くらい倒せるようにならんと、後で苦労するぞ?」

( ´_ゝ`)「んな事は後でどうにでもなるの。俺はもっとかっこいい武器が作りたいの」

(´<_` )「さいですか……それじゃ覚悟しろよ」

( ´_ゝ`)「え?」

(´<_` )「内藤を呼んで兄者を上位まで引き上げる」

( ´_ゝ`)「え?」

内藤(仮名)=俺にモンハン薦めた友人。

三狩

( ^ω^)「どもー。いきなり呼び出してどうしたんだお?」

(´<_` )「兄者を今日中に上位まで引き上げる」

( ^ω^)「把握!」

( ´_ゝ`)「え?」

(´<_` )「だから覚悟しろと言ったんだ」

( ´_ゝ`)「……え?」

(´<_` )「ああ、一応言っとくが俺は冷凍マグロ固定で行くから」

( ´_ゝ`) 「「え?」」(^ω^ )

(´<_` )「え?」

冷凍マグロはガチ。

四狩

(;´_ゝ`)「うわー!死ぬー!死ぬー!」

(´<_`;)「ちょ……二落ちしてるってのに兄者が前に出んなよ……」

( ^ω^)「おっおっ」

(´<_`;)「ちょwwww内藤斬り上げすんなwwww」

(;´_ゝ`)「俺飛んだー!」

(*^ω^)「おっおっwwwwwwww」

(;´_ゝ`)「うわ起き上がりにとっしオワタ」

[anijyaが撤退しました]

(´<_`;)「……」

(*^ω^)「サーセンwwwwww」

(  _ゝ )「……」

(´<_`;)「……兄者?」

(*´_ゝ`)「俺も大剣作ってくる!俺も飛ばす!特に弟者を!」

(*^ω^)「おkwwwwwwwwwwww」

次回クエストで俺が二人に飛ばされまくったのは言うまでも無い。

五狩

(´<_` )「ついにティガレックスか……」

( ´_ゝ`)「てぃが?そいつ強いの?」

( ^ω^)「舐めてたら軽く死ぬお」

( ´_ゝ`)「把握!俺は戦わない!」

(´<_` )「戦( ^ω^)「把握!」

( ´_ゝ`)「じゃあいこうか!」

(´<_` )「……」

何を言っても無駄な事は分かっている。


六狩

(*´_ゝ`)「と云う訳で俺は隣にいるから!」

(´<_` )「はいはい把握把握」

( ^ω^)「うひょー!がしがしいくおー!」

(´<_` )「……ティガだけは未だに苦手なんだよなぁ」

(*´_ゝ`)「やった!忍耐の種!」

(*^ω^)「おっおっ、尻尾切れ……あ、落ちたwwwww」

[naitouが撤退しました]

(´<_` )「まぁ後一回は大丈夫だし……お、轟竜の」

[otojyaが撤退しました]

(*´_ゝ`) 「尻尾切れたの?じゃあ俺も……あ」

[anijyaが撤退しました]

地雷がいたんだった。

七狩

(´<_` )(……ティガ嫌いなんだよなぁ)

(;´_ゝ`)「うわっ!まわんな!」

(´<_` )(脳内変換するか……ワタレックスとか……)

(*^ω^)「尻尾切れたお!」

(´<_` )(从'ー'从 「あれれー、私の尻尾がないよー?」)

(;´_ゝ`)「うわわわこっちくんなー!」

(´<_` )(……コレでネタ書けそうだけど、これじゃ尻尾切れるの全部从'ー'从 に)

(;´_ゝ`)「って弟者のほう向かってるぞ!」

(´<_` )「……え?」

[otojyaは撤退しました]

(´<_` )「どんまい」

( ´_ゝ`)「お前が言うか」

( ^ω^)「お前が言うなお」

他のゲームでも良くやります。

八狩

( ´_ゝ`) 「で」

(´<_` )「やってきましたシェンガオレン」

( ^ω^)「おっおっ」

( ´_ゝ`)「で」

(´<_` )「で?」

( ´_ゝ`)「何で君らはガンナーなのかね?」

(´<_` )「楽だから」

( ^ω^)「おっおっ」

一方的にフルボッコ万歳主義

九狩

( ´_ゝ`)「爆弾置くよー」

(´<_` )「内藤、兄者が爆弾をセットしたぞ!」

( ^ω^)「把握!発射!」

[anijyaが撤退しました]

[目標を達成しました]

( ´_ゝ`)「え?」

(´<_` )「わかってるじゃないか内藤」

( ^ω^)「おっおっ」

( ´_ゝ`)「え?」

そして兄者は上位となった

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。