(´・ω・`) の妹は脳筋なようです


第一話『恐怖!脳筋妹は考えるより前に動くのだ!』

ノハ*゚⊿゚)「はぐっ!はむっ!」

(´・ω・`)「ほらほらヒーちゃん、そんなにがっついたらみっともないよ」

ノハ*゚⊿゚)「でもおいしいもん!こんなにおいしかったらいっぱい食べちゃうもん!」

(´・ω・`)「そっかそっか、ヒーちゃんも気に入ってくれたか。兄ちゃんもこの店お気に入りなんだ」

ノハ*゚⊿゚)「そっかー!わかる!おいしいもん!」

(´・ω・`)「だよねー」

ノハ*゚⊿゚)「ねー」

(´・ω・`)「さて、飯が冷めちゃうのもアレだし僕も……っとと、箸一本落としちゃったか。仕方ない、あたら」

ノハ*゚⊿゚)「だいじょーぶだよお兄ちゃん!残ったハシ貸して!」

(´・ω・`)「うん……」

ノハ#゚⊿゚)「これを真ん中で折ればいける!せーの!」
つ―――と

ノハ#゚ H゚)「んんんんんんんん……」
つ―――と
/メキメキ\

ノハ# > H<)「……んー!」
つ- ――と
/パキィ\ 

(´・ω・`)「……」

-⊂ノパ⊿゚)つー「…………」

ノパ⊿゚)「しゃーない!私のハシ使ってお兄ちゃん!」

(´・ω・`)「ヒーちゃん、大丈夫だからね。お店だから割り箸まだあるからね」


今回のまとめ

(´・ω・`)「折った箸だとっ!」

ノパ⊿゚) 「ザクザク刺さるっ!」

ヘイタンッ!! Lノパ⊿゚)/「「じゃっきーん!」」\('・ω・` )」マッチボウゥーウ!!




第二話『驚愕!脳筋妹は意外と乙女思考を持ち合わせていたのだ!』



川д川「ヒートさん、今日調理実習だね」

ノハ*゚⊿゚)「うん!しょーじきかなり楽しみにしてた!」

川*゚-川「実は私も楽しみにしてたんだ」

ノハ*゚⊿゚)「貞ちゃんは今日作るのはチーズケーキとマカロンどっちだ!?私はチーズケーキだ!」

川*゚ー川「私もチーズケーキだよ」

ノハ*゚⊿゚)「だよね!ほら!マカロンって見た目なんかよく分かんないからこわいし!」

川゚д川「えっ」

ノハ*゚⊿゚)「その点チーズケーキはサイコーだ!見た目からおいしいオーラ出てる!」

川д川「んー、チーズケーキが見た目からおいしいオーラは分かるけど、マカロンが怖いは分かんないかなぁ」

ノハ;゚⊿゚)「えっ、マカロン怖くないか!すごい色してるのいっぱい見たぞ!」

川д川「……」

川*゚ー川「……私、おいしいマカロン出してる喫茶店知ってるから、今度一緒に行こっか」

\ノハ*゚⊿゚)ノ「ホントか!? 絶対だぞ!絶対だからね!」


~~調理実習中~~


ノハ*゚⊿゚)「生クリームを泡立てればいいのか!わかった!」

川д川「そうだけど、普通の泡立て器じゃきついと思うよ?」

ノハ*゚⊿゚)「だいじょーぶ!うなれ!わが右手ぇぇぇっ!」

φとノハ*゚⊿゚) シャカシャカシャカシャカ!

ノハ;゚⊿゚)「くぅっ!右手に限界が来たっぽい!」

川д川「ヒートさん、電動泡立て器あった……」

ノハ*゚⊿゚)「だが!私にはまだ左手があるっ!」

川д川「電気で動くやつ……」

ノハ*゚⊿゚)「ほえろ!ひぃぃだぁぁぁりぃぃてぇぇぇっ!」

川д川「……」

ノハ*゚⊿゚)つφ ガッシャガッシャガッシャガッシャ!

川д川「すっごいイキイキしてるし、いっか」

川дリノ□(で、これはこれで面白いので動画にとっておこう)


で、


(´・ω・`)「ただいまー」

ノハ'⊿`)「おかえりー」

(´・ω・`)「ヒーちゃん、ダラダラするならせめて着替える位しようか」

ノハ'⊿`)「おててうごかないーおにいちゃーんたすけてーぬがせてーきせてー」

(´・ω・`)「そこはせめて母さんに頼もうよ」

今回のまとめ

(´・ω・`)「泡立ては!」

ノパ⊿゚)「ガチでやったらうでがやばい!まじやばい!」

ヒョロインッ! Lノパ⊿゚)/「「じゃっきーん!」」\('・ω・` )」ヒョロイッ!



第二話 その後

ノハ'⊿`)「あぅぅ……あのねおにーちゃん、わたしね、きょうね、ケーキつくったの」

(´・ω・`)「うんうん。それでちょっと頑張りすぎちゃったか」

ノハ'⊿`)「うん……でね、そこにね、おにーちゃんほどじょうずじゃないけど、つくったケーキあるの」

(´・ω・`)「ああ、これね。上手にできてるじゃないか」

ノハ*'⊿`)「えへへー、でしょー」

(´・ω・`)「うん、ホント上手にできてる。で、これを冷蔵庫に入れればいいの?」

ノハ'⊿`)「うーうん。わたしね、おててうごかないからね、」

ノハ'Д`)「あーん」

(´・ω・`)「…………」

ノハ*'Д`)「あーん」

(´・ω゚`)「…………」

ノハ;'Д`)「あー……」

(#´゚ω゚`)「…………」

ノハ;'д`)「うー」

(´-ω-`)「……はぁ」

ノハ;'д`)「……」

(´・ω・`) 「まずはきちんと着替えておいで。そしたらしてあげるから」

ノハ*゚∀゚) パアァ

ノハ*゚∀゚)「うん!」

おまけのまとめ

(´・ω・`)「脳筋要素が!」

ノハ*゚∀゚)「まったくもってありまてん!」

マナイタァッ! Lノハ*゚∀゚)/「「じゃっきーん!」」\('・ω・` ) 」モヤシッ!




第三話『震撼!脳筋妹の欲の深さに我が家が震えた!』

(´・ω・`)(……思ったよりボーナス出たな……ヒーちゃんになんか買ってやるか……)

(´・ω・`)「ヒーちゃん、なんか欲しいものある?すごい高いのは無理だけど」

ノハ*゚⊿゚)「きんにく!きんにくきんにく!いっぱいきんにくが欲しい!」

(´・ω・`)「筋肉、かぁ……難易度高いなぁ……」

「ふふっ、お前もまだまだ甘いなショボン」

(´・ω・`)「その声は…………お帰り父さん」

ノパ⊿゚)「あっ、おかえりー!」
  _
( ゚∀゚)「そう、お前らの敬愛するジョルジュ様のご帰還だ!」

(´・ω・`)「うん、お仕事お疲れ様…………で、こういうときはどう聞くのが正解なのさ?」
  _
( ゚∀゚)「欲しいもので筋肉と言われたなら、こう言うのさ……」
  _
( ゚∀゚)「じゃあおっきなおっぱいは?」

ノパ⊿゚)「いらない!」
  _
( ゚∀゚)「なん、だと……」
  _,
( ゚д゚)「ボインボインのバインバインだぞ!?それでもいらないって言うのか!?」

ノパ⊿゚)「いらない!じゃま!」
  _,
( ゚∀゚)「むぅ……でもこのままだと、ウチのカーチャンみたいにぺったんぺったんだぞ?」

(´・ω・`) 「父さん、母さんが修羅みある顔でこっち見てるからその辺で」

从#゚益从 グルルルルル…

/ ,' 3 「じゃあ、プリンプリンでムッチムチのお尻は?」

ノパ⊿゚) 「いらなーい!」

/ ,' 3 「そっか……」

(´・ω・`)「じーちゃんストップ。ばーちゃんが八面六臂になりかけてる」

>(゚、゚# ゚д゚ #゚々゚)< キシャァァァ…

(´・ω・`)「じゃあ、みんなで焼肉いこっか」 ヌワァァー!>

\ノハ*゚⊿゚)ノ「やたー!」  ヒギィ!>


今回のまとめ


(´・ω・`)「おっぱいよりもおしりよりも!」

ノパ⊿゚)「それより何よりきんにくが欲しい!」

アバラァッ! Lノパ⊿゚)/「「じゃっきーん!」」\(´・ω・` )」ロォォォゥカロリィッ!



第四話『怒涛!脳筋妹は自身の限界に挑むのだった!』

ノハ*゚⊿゚)「お兄ちゃんっ!マンガかしてー!」

(´・ω・`)「はいはい。そこのヒーちゃんでも大丈夫セレクションからならいいよ」

ノハ*゚⊿゚)「えーっとね……こっちのタナのはダメ?」

(´・ω・`)「血がばっしゃばっしゃ出たり、首がすぱーんって飛んだりするのが大丈夫ならご自由に」

ノハ;'⊿`)「うぇぇ……そーいうのいい……」

(´・ω・`)「でしょ?だからそっちからね」

ノパ⊿゚)「うん!」

ノパ⊿゚)「……ん?お兄ちゃんこれバーベルってやつだよね!?もっていい!?」

(´・ω・`)「それ結構重いから、ヒーちゃんには危ないよ」

ノパ⊿゚)「ためすだけだから大丈夫!」

ノハ#゚ H゚)「んー!!」
■し―J■

ノハ# > H<)「んんんんんんんん……」
■し―J■

(´・ω・`)「持ち上がってすらいないじゃないか。ほら、腰痛める前に止めようか」

ノハ# > H<)「……あとちょっと!あとちょっとなの!」
■し―J■

ノハ# > H<)「……んー!」
■し―J■
/ぷうううっ\ 

(´・ω・`)「……」

ノハ;> H<)「……」
■し―J■
/ぷっぷすー\ 

(;´・ω・`)「……」

ノハ*つH∩)「…………」
■―――■
/……プピッ\


今回のまとめ


(´・ω・`)「僕も君らも何も聞いていない!いいね!」

ノハ* つH∩)「んー!んんー!!!」

ヒンニュウハッ!! Lノハ//⊿//)/「「じゃっきーん!」」\(´・ω・` )」ステータスッ!



第五話『鬼謀!脳筋妹の考えなど何はまるっとお見通しであった!』

ノハ*゚⊿゚)「お兄ちゃーん!あっそぼー!」

(´・ω・`)「ごめんね。今は忙しいから……」

(´・ω・`)つ゚「とりあえずこの飴舐め終わるくらいには終わると思うから、舐めながらちょっと待ってて」

ノハ*゚⊿゚)「わかった!」

ノハ*゚~゚)コロ…コロ…

('・ω・` ) 「……」

ノハ*゚~゚)コロ……ゴリッ

(´・ω・`) 「一応言っとくけど、飴噛み砕いて舐め終わった。は通じないからね」

ノハ;゚~゚)「……」

('・ω・` )「…………」

ノハ*゚~゚)コロッ……

('・ω・` )「……」

ノハ*゚~゚)コロペロペロペロチュパパパパァッハァァーン!

('・ω・`;)「……」

ノハ*゚~゚)ジュポポポヌルッペチャッニョロポポポポォォォォーン!

('つω∩`*)「……」

ノハ*゚~゚)ヌルッヌチャッヌチョッジュボボボボボボボ!!

(#´・ω・`) 「よーし!作業なんて後回しにしてやんよ!ヒーちゃん!何して遊ぶ!」

ノハ*゚⊿゚)「いいの!?」

(;´・ω・`) 「いいさ。それだけで僕の理性は保たれる」


本日のまとめ

(´・ω・`) 「背徳感で!前屈み!」

ノハ*゚⊿゚) 「私も一緒に!前屈み!」

ソノトキムネチラァ!Lノハ*゚⊿゚)/「「じゃっきーん!」」\(´・ω・`;) 」ヤメテッ!


第六話『覚醒!脳筋妹が今更ながらに恋心に気付いた!』

ノハ~⊿~)「んあー、ひまいぃー」

(´・ω・`)「そうだねえ」

ノハ~⊿~)「んああー、あーあーあー」

(´・ω・`)「………………あっ。そういえばさ、」

ノパ⊿~)「んあ?」

(´・ω・`)「このあいだね、ヒーちゃんも知ってる僕の友達のブーンがさ」

ノパ⊿゚)「あのまん丸い兄ちゃんだな!」

(´・ω・`)「うん。そのまん丸兄ちゃん。そのブーンがね、このあいだ彼女連れてきたんだ」

ノパ⊿゚)「へー」

ノパ⊿゚) 「……」

ノハ;゚⊿゚)「うぇ!?」

(´・ω・`)「こらこら、そんな驚かないの」

ノパ⊿゚)「でもさー」

(´・ω・`) 「ブーンはすっごいいい奴なのはヒーちゃんも知ってるでしょ?中身を見てくれる人なら惹かれてもおかしくないよ」

ノパ⊿゚)「うーん……そーいうもんかー」

(´・ω・`)「そういうものさ…………で、まぁ、幸せそうなブーン見ててふと思ったんだけどさ」

(´・ω・`)「…………ヒーちゃんのタイプってどんな人かな?」

ノパ⊿゚)「タイプかー、うーんとねー、まず私より強くてー、やさしくてー」

(´・ω・`)「うんうん」

ノパ⊿゚)「ごはんおいしくてー、きちんときんにくついててー」

(´・ω・`)「ふむふむ」

ノパ⊿゚)「あとねー」

ノパ⊿゚)「…………」

ノハ*゚⊿゚)「…………あっ」

ノハ*ノ⊿\)「あーっ!あーっ!あーっ!」

(´・ω・`)「どうしたのさ急に」

ノハ*つH∩*)「んんー!ん”ん”ん”ん”ん”-!」


今回のまとめ


(´・ω・`)「自覚した途端に!この様だよ!」

ノハ*つH∩*)「んんー!ん”ん”ん”ん”ん”-!」

マーリンニハサマレタイッ! ノハ*つH∩*)「「じゃっきーん!」」\(´・ω・` )」ザンネン!ボクラハホシスワナイA3マイダ!






第七話『餓狼!脳筋妹は着実に力をつけていた!』


(´・ω・`)「…………大丈夫?」

ノハ*゚⊿゚)「……うん」

(´・ω・`)「急にどうしたのさ」

ノハ*゚⊿゚)「私のタイプね!お兄ちゃんだ!お兄ちゃんだったんだ!今気づいた!」

(´・ω・`)「よし待て落ち着け。ステイ。分かるか、ステイだ」

\ノハ*゚⊿゚)ノ「これは待てないね!けっこんしよ!けっこん!」

(´・ω・`)「落ち着け、落ち着くんだヒーちゃん。落ち着いてその掲げた両手を下ろすんだ」

\ノハ*゚⊿゚)ノ「ムリ!」

(´・ω・`)「知ってるかいヒーちゃん、兄妹では結婚できないんだよ?あと指をワキワキしない」

\ノハ*゚⊿゚)ノ「できるよ!私とお兄ちゃんはけっこんできるよ!」

(´・ω・`)「だから、兄妹は結婚できないって……」

\ノパ⊿゚)ノ

\ノハ'д`)ノ「お兄ちゃん……私のことキライ?」

(´・ω・`)「そんな訳ないじゃないか。僕はヒーちゃんのこと大好きだよ」

\ノハ*゚3゚)ノ「ならおっけー!まずはチューしよ!チュー!」グワッ!

\(´・ω・`)ノ「だからお兄ちゃんの話をちゃんと……むぅ!?」ガシッ!

ギチッ \ノハ*゚⊿゚)ノ\(´゚ω゚`;)ノ メキィ

\ノハ*>3<)ノ「んー!」

\(´゚ω゚`;)ノ「ここ最近えらくゆったりした服を着てると思ってたけど……こっそりガチで鍛えてやがったなコンニャロウ!」

\ノハ#>3<)ノ「うん!バーベルもてる位にがんばった!だからごほーびにんー!」フンハーフンハー

\(´゚ω゚`;)ノ「鼻息荒いよ!くっそ雌の顔どころか雌豹の顔しやがって!」

\ノハ#>3<)ノ「んぐぐぐぐぐ!」フスー!フスー!

\ノハ#>3<)ノ・'、’, パチュン

\ノハ;>3<)ノ ボタボタボタボタ

\(´::::`;)ノ「ねえヒーちゃん、ここは一時休戦といかないかい?」

ノハ;//∩//)ノ「…………うん」 ボタボタボタボタ


今回のまとめ


(´・ω・`)「脳筋が!雌の顔をしたならば!」

ノパ⊿゚)「そいつはもちろん肉食獣!」

バーサーカーデェッ! Lノパ⊿゚)/「「じゃっきーん!」」\(´・ω・` )」バスタァァァァチェェェェェイン!



第八話『堕落!脳筋妹は蕩け雌堕ちしてしまったんだ!』

(´・ω・`)「…………おちついた?」

ノハ//∩//)「…………うん」

从 ゚∀从 「たっだいま――――――」

(´・ω・`)「あ、お帰り母さん」←膝枕で頭なでなで中

ノハ//∩//)「おふぁえりぃ……」←雌顔で顔真っ赤で膝枕され中

从 ゚∀从 「…………」

从 ゚∀从 「どうぞごゆっくり」ススス

(;´゚ω゚`) 「ちょぉぉぉぉぉぉっ!まてぇぇぇぇぇぇぇ!」

从 ゚∀从 「しかたないねえ。待つも糞も無い気はするけど……で、どうしてこうなった?」

(;´・ω・`)「どうもこうもなってないから!いつも通りだから!」

ノハ*゚⊿゚)「あのね!私お兄ちゃんとけっこんするの!」

ノハ*゚⊿゚) ・'、’, パチュン

(´・ω・`)「はい寝てようねー」

ノハ*゚∩゚)「ふぁい……」

(´・ω・`)「さっきからずっとこんな感じなんだよ。母さんからも言ってやってよ」

从 ゚∀从 「えっ?結婚ならできるよ」

ノハ*゚⊿゚)「ほら言ったじゃんお兄ちゃん!」

ノハ*゚⊿゚) ・'、’, パチュン

(´・ω・`)「はい寝てようねー」

ノハ*゚∩゚)「ふぁい……」

今回のまとめ

(´・ω・`) 「AAだから分かりづらいけど!」

ノパ⊿゚)「私の顔!現在血まみれバイオレンス!」

オクレニイサンッッ! Lノパ ⊿゚ ) /「「じゃっきーん!」」\(´゚ ω゚ `) 」オクレニイサンッ!




第九話『蒼白!脳筋妹が実は妹じゃなかったんだ!』


(´・ω・`)「……つまり、僕とヒーちゃんは兄妹じゃなくて従兄妹だったって事?」

从 ゚∀从「そゆこと。ヒーちゃんはドクオ叔父さんの一人娘さ。ま、二歳くらいからずっと預かってたしなー。勘違いするのもしゃあない」

(´・ω・`)「……まったく覚えてないよ」

从 -∀从「ヒーちゃんウチ来た時のアンタ、狂気感じるくらいに大喜びしてたからねぇ。記憶が書き換えられてても仕方ないわな」

(´つωと`)「……その瞬間を覚えていないことが何故か凄い嬉しい」

从 ゚∀从bΣ「従兄妹だから兄弟と言えないこともないけど……結婚はできるよ!やったねショボちゃん!」

Lノハ*゚⊿゚)」「やったぜ!!」

ノハ*゚⊿゚) ・'、’, パチュン

(´・ω・`)「ほらもー……一回顔洗っておいで。鼻血で凄いことになってるから」

ノハ*゚∩゚)「ふぁい……」

. . .ノパ∩゚) トテトテ

( ´・ω・`)

(´・ω・`)「そっか……兄妹じゃなかったのか……」


(´-ω-`)


(;´-ω-`)


(;´-ω-`)「あのですねお母様」

从 ゚∀从「なんだい、いきなり気持ち悪い呼び方して」

(;´-ω-`)「僕としましては、ヒーちゃんはヒーちゃんであって、大事な家族であるという気持ちは変わらないんですよ」

从 ゚∀从「うん。そこでコロッと変わってたらクソ野郎だわな」

(;´-ω-`)「只ですね、あの、血が繋がってるからギリギリ許されていたようなコミュニケーションがですね」

从 ゚∀从「あー、風呂上りの下着姿見たりおっぱい触っちゃったりとかのラッキースケベいっぱい起きてるもんなー」

(;´-ω-`)「不可抗力且つ、兄妹同然に育ったとは言え、嫁入り前の人様の娘にやっていたという事実でですね」

从 ゚∀从「ん?今更ちんこ立ったか?」


(;´゚ω゚`)「羞恥心とか罪悪感とかで胃がヤバい!」


ノハ'⊿`)「うぁー、服びちゃびちゃなったー」

ノハ'⊿`)←下着姿

(´゚ω゚`)←Weak!


:(´゚ω゚`):プルプル


(´゚ω゚`)・'、’,ゲハッ


ノハ;゚⊿゚)「お兄ちゃん!?おにいちゃぁーん!」


今回のまとめ


(´゚ω゚`)「訴えられたら負けるんだよぉ!逃げられねえんだよぉ!」

从 ゚∀从 「これは責任取るしかないよねぇ!お前がパパになるんだよぉ!」

ノパ⊿゚)「ばっちこーい!」

バンショウハァ!L从 ゚∀从 /パ⊿゚)/「「「じゃっきーん!」」」\('゚ω゚` )」ナンジノナヲサシシメシタァ!






最終話『終結!脳筋兄(仮)は妹ちゃん(仮)を想うとムキムキしちゃうの!』


(;´-ω-`)「……で、あのー、ヒーちゃん?」

ノパ⊿゚)「んー?」

(;´-ω-`)「ヒーちゃんは、僕と、どうなりたいの?」

ノパ⊿゚)「私はねー、お兄ちゃんとねー、えーとね……」

ノハ*゚⊿゚)「まずはちゅーして……」

ノハ*゚⊿゚) 「……」

ノパ⊿゚)「…………ねえお兄ちゃん、けっこんって、その後は何すればいいの?」

(;´-ω-`)

( ´-ω-`)

(´-ω-`) 「そうだな……楽しいことや、苦しいことを、一緒に体験して分かち合えばいいんじゃないかな」

ノパ⊿゚) 「………………それって、今と何が違うの?」

(´-ω・`)「そっか……ヒーちゃんにとって今が既にそうなんだね」

ノパ⊿゚)「?」

(´・ω・`)「ま、他にも色々とあるんだろうけどさ…………ねぇ、ヒーちゃん」

ノパ⊿゚) 「なあに?」

(´・ω・`) 「ちょっと遅いけど、散歩に行こうか」

ノパ⊿゚)「いいけど……なんで散歩?」

(´・ω・`)「一緒に体験して分かち合うの第一歩さ。まずは手を繋いで、同じペースで歩くところからはじめようか」

ノパ⊿゚) 「……」

ノハ*゚⊿゚)「うん!」


さいごのまとめ


(  ´・ω)「そこ……手じゃなくて袖だけどほんとにいいの?」

(゚*ノハハハ「いいの!まだいいの!」

(  ´・ω)「……外寒いけど大丈夫?手袋要らない?」

(゚*ノハハハ「大丈夫!」

イインダケドサ…(  ´・ω)(゚*ノハハハ イマハイイノ!

おしまい







そしてこちらが没ネタとなります

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱそさン

Author:ぱそさン
この前復帰しました。

ツイッターではFGOと飯のこと呟いてます。
ぱそさン@GWMtkqVeW2qVKh1

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード