スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと湯呑み一杯。100mlにも満たぬ焼酎のお湯割りを飲み干せば、私はマーライオンと化すだろう。

 現在の私はタイトル通りの状況である。
そしてつい先程、湯呑み半分ほどのお湯割を呑んでしまった訳だ。
ここから先はチキンレースと云う奴なのだよ。

 日曜の夜更けにサイト巡りをしながらの一人酒。
寂しいとは思わない。既に脳の孤独を感じる辺りは、慣れと云う環境適応術により、当の昔に麻痺してしまっている。
そういう事を考えるたびに、(実に当然の事だが)人の身体と云うのは、自分自身に優しく出来ているのだなあ、と思う。

経験則、とでも言えば良いのだろうか。
自分で自身の限界を決め、其れを越えぬように自制する。
これ以上起きていては明日の仕事に差し支える、これ以上悪ふざけをすれば友人との関係にヒビが入る、などといった感じにだ。

このような行為を自制と言えば、聞こえはいいやも知れぬ。
しかし、だ。自制と云うものは、自分自身に枷を付け、どれほどの力を加えたとしても決して千切れぬ縄にて自身を縛り付けているこういではないだろうか。
自身の限界を決めつけ、私にこの様な事は事は絶対に不可能だ、どれほど修練を重ねたとしても。と、自身の限界を体験していないにもかかわらず、忘我の内に自身の能力を押さえつけているのではないだろうか。


( ^ω^)ニコッ


という訳で、今から焼酎をロックでいこうと思う。
限界は超える為にあるのだと、今から私が証明しよう。
ナギさんがいるであろう東の方に一礼してから飲ませて頂


――今日の日記はここで終わっている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。