スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J( 'ー`)し が何か拾ってきたようです

第一話『殺伐とした我が家に救世主が!』

J( 'ー`)し 「ドクオー、ドクオー」

('A`)「んー、どしたよカーチャン」

J( 'ー`)し 「ほらほら、コレかわいくないかわいくない?」

(´・ω・`) 「シャー!」

(;'A`)「こ、これって……ウツボ?」

J( 'ー`)し 「そうそう、よく知ってるね。キモかわいいでしょ?」

(´・ω・`)「シャー!」

(;'A`)「そんなモン何処で拾って……って、カーチャン!首絞められてるって!」

J( 'ー`)し 「道で拾った」

(;'A`)「落ちてねーよ!って、顔青くなってるって!カーチャンが落ちるって!」

ムシャムシャ(´・ω( 'ー`)し 「という訳で今日から飼うから」

(;'A`)「飼うとかの前に噛まれてるって!J食われちゃってるって!」

(0゚ 'ー`)・ω・`)ムシャムシャ 「大袈裟ねえ、じゃれてるだけじゃない」

(´・ω・`)「ゲフゥー!」

第一話『副題:奴の名はウツボ!肉食だ!』糸冬


第二話『正気かカーチャン!ソイツは獰猛極まりない!』

(;'A`)「全く……何でウツボなんだよ」

J( 'ー`)し 「いいじゃない、家族が増えるってのはいいことだよ」

(;'A`)「家族と思えねえって」

J( 'ー`)し 「じゃあ、カーチャンはドクオを家族と思わない事にするよ」

(;'A`)「……分かったよ」

J( 'ー`)し 「ならばよし。っと、そろそろ風呂が沸いたはずだから入っちゃいな」

(;'A`)「……あいよ」

~~~

('A`)「ハァ…………お湯が磯臭い……だとぅ!?」

(´・ω・`)「シャー!」

(;゚A゚)「ちょぉぉぉぉぉぉぉぉっ!?」

(´・ω・`)「シャー!」

(;゚A゚)「ちょ、まてっ!チンコ狙うなぁぁぁぁっ!」

(*´・ω・`) 「シャー!」

(;゚A゚)「待てッ!ソイツはウツボのメスじゃない!からみつくな!」

(*´・ω・`) 「シャー!」

(;゚A゚)「ちょっ、そんな扱き上げたら……」

第二話『副題:新しい快感!気持ちいい!』糸冬


第三話『一発抜いても気を抜くな!水場はウツボの領域だ!』

(;'A`)「カーチャン、風呂で飼うのはやめようぜ……」

J( 'ー`)し「ドクオはわがままだねぇ」

(;'A`)「いや、俺の息子がやられてもいいのかよ!?」

J( 'ー`)し「どうせ孫の顔見れそうに無いし、よくね?」

(;'A`)「俺より先に諦めんなよ……とにかくさ、飼うなら水槽なり何なり、別の場所にやっといてくれよ!」

J( 'ー`)し「はいはい」

~~~

(O゚'A`)「やっべ!尿漏れる!何でオナニーした後ってこんなに尿したくなるんだ?」

(O゚'A`)「って、なんでトイレの蓋が……」

(´・ω・`) 「シャー!」

(;'A`)「ひゃぁぁぁぁっ!」

(´・ω・`) 「コンニチワ!」

(;'A`)「しゃ、喋った!?」

(´・ω・`) 「シャァァァァァァ…………」

(;'A`)「な、流れたぁー!」

第三話『副題:騙されるな!それはウンコじゃない!トグロを巻いたウツボだ!』糸冬


第四話『穴から出てくる!それがウツボだ!』

('A`)「流れてったけど……」

('A`)「……」

('∀`)「まぁいいか!」

~~~

('∀`)「ラウンド2開始だぜ!」

('∀`)「さあて、今度は『極狭超快感オナホ!卵子のマンマン』で……」

ニニニ(´・ω・`) 「……」

(;'∀`)「で……」

ニニニ(´・ω・`) 「シャー!」

(;'∀`)「お、おかえり……」

(´・ω・`) 「シャー!」



('A`)「オナホが磯臭え……」

第四話『副題:でもヌルヌル!超気持ちいい!』糸冬


第五話『そして翌日!事態は進展していない!』

('A`)「あー、マジでどうにかなんねえかな……」

J( 'ー`)し「ドクオー、内藤君が遊びにきたわよー」

('A`)「あいよー」

J( 'ー`)し「それと、今から買い物行ってくるからこの子よろしくね」

(´・ω・`) 「シャー!」

(;'A`)「ちょ……」

~~~

( ^ω^)「おいすー」

(;'A`)「お、おう……」

(´・ω・`) 「シャー!」

( ^ω^)「んー?ドクオ、コレってウツボかお?」

(;'A`)「あ、ああ……」

( ^ω^)「……ジュルリ」

(´・ω・`) 「……ジュルリ」

第五話『副題:天敵参上!どうするウツボ!』糸冬


第六話『( ^ω^)と(´・ω・`) !奴らは飢豚と飢ウツボ!相容れぬが定め也!』

('A`)「……とりあえず、ジュース持って来るわ」

( ^ω^)「コーラあるならコーラで頼むお」

('A`)「コーラだな。ちょっと待ってろ」

~~~

( ^ω^)「やっと、二人きりになれたお」

(´・ω・`) 「シャー!」

( ^ω^)「そう慌てなくていいお」

(´・ω・`) 「シャー!」

( ゚ω゚)「さあ……思う存分喰らい合うお!」

(´゚ω゚`)「シャァァァァァァァァッ!」

~~~

('A`)「おまたせ……」

( ^ω「おっおっ」

(;'A`)「……」

( ^ω「どうしたおドクオ?」

(;'A`)「いや、顔……」

( ^ω「顔……ああ、大した事無いお。ねえ?」

(´・ω「シャー!」

(;'A`)「……」

第六話『副題:闘いの中でこそ通じるものがあるのだ!そうだろウツボ!』糸冬


第七話『ウツボは神出鬼没!恐怖に慄け!』

('A`)「あれ……?」

(^ω^ )「どうかしたかお?」

('A`)「いや、ウツボがいねえ」

(^ω^ )~(´・ω・) 「ベッドの下とかじゃないかお?」

('A`)「かな……あ?」

( ^ω^)彡「どうしたんだお?」

(・ω・`) ~(;'A`)「いや、お前の耳からウツボが出てた様な……」

(;^ω^)「そんな訳……って!?ドクオ耳!耳!」

ミ(;'A`)「え?」

(;^ω^)「ま、間違いなく出てたお!」

(;'A`)「アレってさ……本当にウツボか?」

(;^ω^)「分かんないお……」

第七話『副題:俺は穴から出てくると言った筈だ!(´・ω・`)シャー! 』糸冬


第八話『好奇心!ソイツが己を殺すのだ!』

(*´・ω・`) 「シャー!」

(;'A`)「ちょっ!人の股間に擦り寄るんじゃねえ!」

( ^ω^)「ん?ドクオのちんこには懐いてるのかお?」

(;'A`)「懐いてるっつーか、俺のちんこを雌のウツボと勘違いしてるっぽい」

( ^ω^)「……ウツボにちんこ見せたのかお?」

(;'A`)「いや、風呂入ろうとしたら浴槽の中にいて…………やな事思い出した」

( ^ω^)「kwsk」

(;'A`)「誰にも言うなよ…………ウツボにちんこ扱かれて逝っちまったんだよ」

( ^ω^)「ほほうほほう」

(;'A`)「絶対に言うなよ!絶対だから……」

とぅるるるる

('A`)「はいもしもし。あーはいはい把握」

( ^ω^)「どうかしたのかお?」

('A`)「カーチャンから風呂掃除頼むだとさ。という訳でちょっとやってくるわ」

――ドクオさんが退席しました

(*^ω^)「……聞いたからにはやらずにはいられないお!さあ!カモーン!」

(#´゚ω゚`)「シャァァァァァァァァァァッ!」

~~~

<ギニャァァァァァァァァァァァァッ!

(;'A`)「な、なんだ!」

第八話『副題:ガッシュ!ブチン!息子は死んだ。ペニース(笑)』糸冬


第九話『そして深夜!迫り来る悪夢!』

('A`)「……寝るか」

('A`)「……」

('A`)「何か……尻が痒い」

('A`)「確かここら辺にギョウ虫検査のシートが……あった」

('A`)「たしかこうやって……こうか」

('A`)「ん……何か動いて……」

『シート拡大図』

シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!

(;゚A゚)「ひゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!」


 ̄Ⅴ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
('A`)「……夢か」

(;'A`)「って、何でこんな夢で夢精してんだ……」



『精子拡大図』

シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´^ω^`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!
シャー!(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)シャー!


第九話『副題:ウツボ入り精子!ゴミ箱すら妊娠しちまうぜ!』糸冬



最終話『さらばウツボ!お前は我が血肉となるのだ!』


その日、夕飯は蒲焼だった。
カーチャンは鰻だと言っていたけど、俺はすぐに気付いた。

その蒲焼が、ウツボだって。

だってそうだろう?
幅が20センチ近くある鰻の蒲焼なんてある筈が無い。

('∀`)「うめえ!」

俺は何杯もお代わりをした。

J( '∀`)し「うめえ!」

カーチャンはその倍お代わりをした。

J ;ω;)し「おいしいお!おいしいお!」

俺の彼女となったブーンは炊飯器を小脇に抱え、そこから飯を食っていた。

そして翌日、

(´つω-`) 「ふぁぁ……」

J´・ω・`)し「ドクオー、さっさーと起きなー。内藤ちゃん迎えにきてるわよー」

(´つω-`)「はいよー」

J´^ω^`)し「ドクオー、さっさと着替えるおー」

(´-ω-`)「はいはい……」

俺は鏡の前で卒倒した。

最終話『副題:今から友人に事後承諾!まさに外道!』糸冬



J( 'ー`)し が何か拾ってきたようです 完

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひちょりまちょめ

Author:ひちょりまちょめ
コテ酉無しです。
でも一話の最後見たらすぐ分かる仕様です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。